過払い金問題は広島の弁護士事務所を利用しよう

広島の弁護士事務所を利用すれば、効率的に過払い金問題を解決できます。

過払い金は、元々は債務者にとって全く非がない問題です。一般的に、借金トラブルは債務者にトラブルが発生することによって、返済が滞ってしまうなどの問題が生じることで発生します。債務者側に非のある問題として処理されますので、こういった問題を解決するためにはまずは債権者に減額などの話し合いの検討を要求しなくてはいけません。しかし、過払い金問題は全く別で債権者側に非のある問題です。

利息に関連する法律を悪用することで、本来ならば返済しなくても良いお金が生まれてしまうのがこの問題の原因です。昔は、少額融資に関連する利息の法律が2つありました。それぞれ、利息制限法と出資法と呼ばれるもので、これら2つの利息の法律によって生まれた金利がグレーゾーン金利と呼ばれるものです。文字通り、グレーゾーンの金利を請求することによって、意図的に債務者側が不利になってしまう問題です。そのため、法律の力を利用することによって、この支払い過ぎた利息を返還することができるようになりました。それが、過払い金返還請求です。

広島の弁護士に相談をする場合には、最も簡単に問題を解決できる手続きを使います。具体的には、任意整理という方法を使って利息の返還を請求します。任意整理は、過払い金問題を1件あたりで解決するときに約3万円程度で済ませられます。広島の弁護士に任せておけば、その手続きを代行でしてくれるためとても便利です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *