弁護士に自己破産の依頼をするのは最後の手段です

借金をする借り入れ先として多いものが、消費者金融であると言えます。消費者金融から融資を受けたときには、借金の元本に加えて利息分の支払いも大きくのしかかってくることから、返済していくことが苦しくなる人が多いです。借金問題を抱えてしまったときの対策として多く行われているものに、自己破産という手続きがあります。自己破産を成立させることができれば、抱えている全ての借金をゼロにすることが可能となりますので、借金の無い状態で人生を再建することができます。

自己破産を認めてもらうには裁判所に申し立てをする必要があり、借金額と債務者の返済能力を確認することによって、支払不能の状態であることが認定されたときに手続きが認められることになります。返済できる分だけの資産を持つことは禁止されているために、住宅や自動車を保有しているときには全て売却することが条件となります。自己破産をするときには、それしか方法が残されていないときと言えますので、他の債務整理を行うことができないか、弁護士に相談して確認してから決断したほうが良いでしょう。弁護士に相談した結果、自己破産以外の方法でも解決できるときには、任意整理や個人再生について弁護士から説明してもらうことがおすすめです。

任意整理や個人再生の場合には、借金を減額してもらって残された債務の返済をしていく必要がありますので、一定の収入を得ておかなければなりません。全く収入を得ていない人のときには、自己破産をするしかないと判断できます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *