弁護士に相談すれば会社にばれずに自己破産ができる

借金をしてしまって、返済していくことが困難な状況になっているときには弁護士に相談して自己破産をすることができます。自己破産をするとなると、会社や家族、親せき、周囲の人に知られたくないと感じることが自然でしょう。自己破産をしようと決意するときには、借金を滞納している状態と言えますので、そのときには給与の差し押さえに注意する必要があります。貸金業者は債務の返済が滞ってしまうと、給与を差し押さえてくる可能性がありますが、差し押さえをされてしまうと勤務先の会社に連絡が行くことになりますので、会社に自己破産の事実を知られてしまうことになりかねません。

自己破産の手続きを行ってしまえば、貸金業者は給与を差し押さえできなくなりますので、早めに弁護士などの専門家に相談しておくことが大切です。借金問題については時間をかけて引き延ばしにしてしまうと、それだけ借金額が増えてしまうことにつながりますし、貸金業者に対応されてしまうことが考えられますので、自己破産をするかどうか弁護士に相談するのは早いほうが良いと言えます。自己破産のデメリットとして、法律家や警備員などのような社会的信用を必要とする職業の中には資格を停止されるものがありますので、自分の職業について資格の停止が行われるかどうか、弁護士に相談しておくことも重要です。同居の家族がいるときには、家族の収入証明書を提出する必要性が生じることから、家族に自己破産の事実を知らせずに手続きをすることは難しいと考えられます。

自己破産をすることを決意したときには、家族に話をして同意してもらってからのほうが良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *