交通事故の適正な賠償金は弁護士

交通事故の被害者になった場合には、弁護士に相談をするのが一番かもしれません。実は賠償金についてですが、自賠責保険や、保険会社、弁護士の3つに置いてそれぞれ金額算定の基準が違って来るからです。この3つの中で一番、賠償金が高くなる可能性があるのは、弁護士基準の算定と言えるでしょう。そして一番低くなるのが自賠責保険の算定基準なのです。

自賠責保険の計算の基準なのですが法律によって決定されています。損害慰謝料に関しては、1日で4200円の計算となります。まず実治療日数×2と治療期間を比較して、日数の少ない方に4200円をかけるという計算方式になるのです。しかも自賠責保険の場合は、上限が120万と決まっていますので、どんなに頑張ってもそれ以上、支払って貰う事は出来ないでしょう。

任意保険では自賠責保険の上限を超えた賠償金となる場合、被害者に補償される事になります。実は保険会社によって基準はばらばらであり、しかも原則として非公開となっているのです。営利企業として存在していますから、保険会社としては支払いを少なくする為に、支払いを少なくする傾向があります。交通事故の賠償金の中で基準が最も高くなっているのが弁護士による物です。

保険会社がやっているのだから誠実に支払ってくれるだろうと考えているのでしたら、考えを改めた方が良いかもしれません。交通事故に遭遇したのでしたら、まずは弁護士に相談をする事で適正な賠償金を支払って貰う事が出来るのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *