交通事故における慰謝料と3つの基準

交通事故に遭った場合、被害者側には賠償金の一部として「慰謝料」が発生します。賠償金の内訳としては、治療費・入通院慰謝料・通院交通費・休業損害が挙げられ、万が一後遺症が残り、それが後遺障害へ認定された場合は、別途で後遺障害慰謝料・逸失利益の支払いが行なわれることになっています。賠償金の中では、比較的スムーズに支払いが行なわれるものと、そうでないものがあります。それ故、交通事故を起こした相手側へ請求する際には、正しい計算式から妥当な金額を弾き出すことが大切です。

また、保険会社との遣り取りは、前例と照合しながら妥協出来る点を見つけていくことで、案外円滑に進めることが出来ると言われています。交通事故における賠償金の中でも、多々トラブルになるのが「入通院慰謝料」です。この場合、自賠責基準・任意保険基準・弁護士(裁判)基準と言った3種類の計算式が挙げられます。自賠責基準の計算式では、入院の場合は入院期間を、通院であれば実際に通院した日数をそれぞれ2倍したものと治療期間を比較した上で、少ない日数の方が適用されます。

自賠責保険は1日あたり4,200円と金額が決まっていることから、前述で導き出した日数に4,200円をかけることで総支払額が算出されます。任意保険基準の場合、1ヶ月を30日として独自の算定基準を基に金額の増減、調整等が行なわれ総支払額が出されます。弁護士(裁判)基準の場合は、弁護士会算定基準に採用されている各項目の表を基にして算出されます。交通事故における慰謝料は、理にかなった言い分と、正しい計算式とプロセスから算出される金額を請求することで、話し合いや交渉等を比較的円滑に進めることが出来るのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *