交通事故と慰謝料について

交通事故を起こしてしまったときの慰謝料には2つあります。1つは入通院慰謝料といわれるもので、治療費や通院交通費、休む必要性が認められた場合の休業損害です。もう1つが後遺障害慰謝料と呼ばれているものです。これは比較的簡単で後遺症が後遺障害として認められた場合に支払われる慰謝料のことです。

1つ目の入通院慰謝料が問題になっており、本来は交通事故に遭われた被害者が金額を設定できればよいのですが、第三者が明確な金額の線引きを設定することが困難な場合が多く、結果として話し合いの決着がなかなか見えてこないのが実状と言われいます。しかし、最近では金額の相場は定額化されてきていて、裁判でも用いられてきています。つまり、支払われる金額にも相場があることになってきています。 料金は交通事故を起こした相手が保険に入っていない場合でも支払われます。

しかし、保険に加入していない分、自分たちで手続きをしなければならないことが多く、精神的にも肉体的にも時間的にも大きな負担になる可能性が高いです。現在では金額の目安がわかるホームページや、保険会社、弁護士などでも多く扱っているところがありますので、自分にあった保険会社や弁護士などを見つけて、万が一交通事故を起こしてしまったときに慌てないように、日ごろから確認しておくことが大事になってくると思います。大きな事故を起こさないように、車などを運転するときは安全第一を心がけていたいですね

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *