借金問題に苦しんでいるときには弁護士などの専門家に法律相談することで、債務整理の依頼をすることが可能です。専門家に法律相談をすることによって、手続きをスムーズに進めることができるメリットがあるわけですが、いくらぐらいの費用がかかってしまうのか気になる点と言えます。債務整理の手続きを検討している人は、貸金業者などから借り入れを行って、返済に行き詰っている状態であると考えられまるので、金銭的に困っていると言えます。ただし、そのような状態であっても、債務整理の手続きを行うために専門家に法律相談をするときには、費用がかかることを考えておかなければなりません。

費用のことを考えて債務整理の法律相談について、躊躇してしまう人も多いと言えます。金銭的に困っている人が債務整理の手続きをするときには、民事法律扶助という制度を使うことができます。民事法律扶助制度は、総合法律支援法に基づいて行われている公的な制度になります。この制度を活用することによって、弁護士や司法書士などの専門家に依頼するときに費用を立て替えてもらうことが可能になります。

法律扶助の制度を活用すれば、資金の無い人であっても債務整理の手続きを行えるので安心です。民事法律扶助制度を利用するためには、資産や収入のおける基準が設けられていて、基準を満たすことによって利用することが可能になります。この制度を使ったときでも弁護士や司法書士への報酬額や実費などにおいて、決められている額があり、支払いについては毎月5000円ほどの分割払いが可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です