弁護士を遺言執行者に指定して相続をスムーズに

相続に関しては、特に遺言の有無が手続のスムーズさに大きく影響しますが、遺言が無い場合は然ることながら有る場合でも自筆証書によるものではその法的有効性が問題となったり、有効であったとしても内容に忠実な執行が行われるか否かなど不安を覚える方が多く、その為自分の死後残された家族の間でスムーズに相続を行えるよう法律の専門家である弁護士に相談される方も多くなっています。 Continue reading “弁護士を遺言執行者に指定して相続をスムーズに”